エレベーター点検で安全を確保する【法人サポートナビ】

エレベーター

専門業者を選ぶ

作業員

給水システムを更新する際に行なわれる更新工事ですが、専門業者に任せることが出来ます。その専門業者によっては高額請求がされてしまう場合もあるので、口コミなどを参考にして優良業者を見つけると良いでしょう。

深刻な問題

スイッチ

戦後以降の濁水処理への問題の深刻化

特に工場や工事現場がまわりにある時以外は関心を持ちづらいのかもしれませんが、河川や海沿いへの排水は決して他人事ではありません。その排水は濁水処理がされなければ環境破壊を引き起こす原因となってしまいます。そのため濁水処理や汚染水処理が重要な問題となっています。問題とされるきっかけとなった歴史は戦後に「清掃法」が制定されたものの、高度成長期での工業的な発展で使用される物質が当時はまだ毒性が強い物質が多く含まれ、タンカー事故が起きたことや水銀、カドミウムの有害性が問題となり「廃棄物処理法」ができはじめ近年まで改正されています。平成に入ると回収・リサイクルといった再生利用の方向へと進んでいます。そして濁水処理を含めより環境を考えられてきましたが、一方で現場で使われるものが複雑な成分となり、その処理が難しくなってきている側面があります。

排水として流れる濁水処理の近年の方法

建設現場でのコンクリートや道路のアスファルト舗装という場で出てくるものや工場から排出される汚染水への濁水処理に対策はさまざまな方法がとられています。現在ではかつての教訓が生かされタンカーで運ばれる原油は毒性が弱く事故により広がってしまった場合には、撹拌してさらなる被害を防ぐというものへと改善されて開発された無害なものへと変わっています。汚染水を濁水処理で薬液で不純物を分離させたり水質においては中和させています。薬品を使わない処理の方法から放射性物質を扱う作業によって生じる排水を減らしていく方法や高濃度濁水をろ過していく方法があります。水処理としては水害対策を同時に行っています。湖や池への処理能力もより生物や地球環境に特化した物質や方法へと改善されています。環境問題もそうなのですが、身近な問題でニュースでも話題となっているものがエレベーター事故です。エレベーターというのは一般でも大変身近なもので、デパートやマンション、ビルなど様々な場所でエレベーターは使用されています。しかし、しっかりとエレベーター点検が行なわれておらずエレベーター事故で被害が発生している問題は尽きることなくニュースで話題となっているのです。エレベーター事故というのは、定期的に点検を行なうことで防ぐことが出来ると考えられるためエレベーターが設置されている建物のオーナーは点検業者に依頼をしてしっかりと点検してもらう必要があります。

新しいものに交換

作業員

建物の下に通っている配水管ですが、何十年や何百年と同じものをずっと使用し続けることは出来ません。老朽化してしまえばトラブルになってしまうこともあるので、更新工事を行なう必要があるといえるでしょう。

雷を避けるためのアイテム

雷

どこの建物にも設置されているものの一つに避雷針があり、名前の通り落雷を避けることが出来るアイテムとなっています。そのため避雷針の設置は義務付けられており、設置する際にはしっかりと調査をしてもらいましょう。